みなさんいくつになっても艶のある髪の毛でいたいですよね?

艶々サラサラな綺麗な髪の毛。

女性ならきっと誰もが憧れますよね。

それなのに年齢を重ねてくるとなんだか

今までみたいに艶がでない。

一生懸命お手入れしたり

美容室ではサロントリートメントも定期的に

しているのに・・・。

 

それはもしかしたら

加齢毛が原因かもしれません。

頭皮もお肌と一緒で年齢とともに

劣化する、というお話をしましたが

あなたの髪の毛に艶がなくなってきたのは

加齢毛が増えたせいかもしれません。

 

一般の方は

艶がない=傷んだ髪の毛

と思いがちですが

必ずしもそうではありません。

というのも、髪の毛の艶=光の反射だからです。

髪の毛の表面が平らであれば光がきれいに反射するので

艶々に見えるのです。

だからブローしたり、アイロン入れたりすると

艶が簡単にでますよね。

 

年齢を重ねるとでてくる加齢毛

実は、加齢毛は細かいねじれがあることが多いのです。

ねじれがあると髪の毛の表面が平らではないので

光が当たった時に乱反射してしまい

結果、見た目に艶がない髪の毛に見えてしまうのです。

 

くせが原因で艶がない場合、最も効果のある対処方法は

根本原因であるくせ毛を真っすぐにする=縮毛矯正となります。

 

また、傷みを気にしてリタッチばかり続けている場合は

毛先の色素が抜けてしまって、結果的にパサつきのある髪の毛

なってしまっていることもあります。

そういった場合は、きちんと毛先まで色素を入れてあげることが必要です。

 

髪の毛を傷めたくないから

カラーやパーマをしないでカットだけにしている。

その結果、美しくないヘアスタイルになっているとしたら?

本末転倒だと思いませんか?

美容室には綺麗になるために来ていただいてるのに。

 

カラーやパーマをは髪の毛を傷めます。

それは科学的に見たらまぎれもない事実です。

髪の毛はタンパク質なので

薬剤を使った施術をすれば傷みます。

でも、綺麗な艶のある若々しい髪の毛に

見えるようにすることができるのも

カラーやパーマです。

とくに40歳前後からは若いころと同じケアでは

髪の毛を綺麗に保つことが難しくなってきます。

 

なんか、今までとは違う・・・

今までより髪の毛にコシがなくなってきた気がする・・・

前髪がうまくきまらなくなってきた・・・

髪の毛に艶がなくなってきた・・・

そんなふうに感じたら

ヘアケアを見直すチャンスです。

ぜひご相談ください。

 

サロンカドルでは

カラーやパーマを続けても

綺麗な艶のある髪の毛を保てるような

施術の仕方を日々学び続けています。

髪の毛を傷めないカラーやパーマはありません。

が、今よりももっと綺麗な艶のある髪の毛に

することができるのも

カラーやパーマでもあります。

 

健康な髪の毛=艶のある綺麗な髪の毛ではないのです。

 

あなたの髪の毛は

もっともっと綺麗になりますよ。

髪の毛を綺麗にして

若々しくなりましょう。

美容室は、あなたの髪の毛を綺麗にするために存在するのですから。

 

 

〈関連記事〉