くせ毛って傷んでなくても艶が出にくいんです

みなさん、艶がない髪の毛だと

繰り返すカラーで傷んでしまったから

とか

パーマとカラーを一緒にしてしまったから

と思いがちじゃないですか?

 

薬剤を使った施術を繰り返した影響で

髪の毛が傷んでしまってバサバサになってしまった。

もちろんそういった方もいらっしゃいます。

 

でも、私がお店を手伝って5年。

美容師さんとは違った

素人の目線でお客様と接していて

感じたのは、美容師さんにとっての

『当たり前』が

一般の方には

『当たり前』じゃないことが意外とたくさんある。

ということでした。

 

例えば今回のテーマ

くせ毛は艶が出にくい

この事実は説明を受けると納得ですが

誤解していらっしゃる方が多いと感じました。

 

くせ毛の方って、くせ毛をいかすスタイルってことで

パーマをかけたりしますよね。

毎日アイロンで伸ばしたり

ブローしたりするより

パーマスタイルの方が

スタイリングが楽ですもんね。

でも、パーマを繰り返してるから

傷みでバサバサになったのだと思い

サロントリートメントを

一生懸命にしているのだけれど

なかなかバサバサが治らなくて・・・

とお悩みの方が多いです。

 

くせ毛に艶が出にくいのは

髪の毛に当たる光が乱反射するせいです。

くせ毛は直毛と違い

光が真っすぐ反射しないので

どうしても艶が出にくいというか

たとえ傷んでない健康毛でも

肉眼では艶が見えにくいのです。

きっと虫眼鏡か何かで拡大してみたら

艶はあるんだと思います。

でも、くせでうねってるから

目で見たときにパサついて見えてしまうのです。

 

そんなお客様の施術例です。

 

 

 

左側は2年くらい前のパーマをかけていた時のもの。
上から2枚はスタイリング前の状態です。
一番下の画像はワックスを揉みこみカールを出しています。

右側は先月ACCストデジ縮毛矯正をした時のもの。
ワンカールですがデジタルパーマの熱の力で
しっかりとプルンとしたカールがかかりました。
ワックスは必要ないです。
乾かすときに毛先にかるくブラシを入れるだけで
キレイなワンカールが再現できます。

 

艶々になったのが一目でわかりますよね。

こまかいポワポワしたくせ毛もおさまって

ツルンとした印象の美髪になりました。

もちろん手触りも今までで最高

と、おっしゃっていただきました。

 

熱の力は偉大なんです。

 

そして、髪の毛の艶があたえる

第一印象はもっと偉大だと思いませんか?

若い子はいいんです。

お肌にハリもあるし

髪の毛が多少乱れていても

若さがカバーしてくれます。

でも、ある程度の年齢を過ぎたら

髪の毛に艶があるかないかで

第一印象に大きな差が出ると思います。

 

縮毛矯正の毛先を

(スト)パンにするか

(スト)デジにするか

求めるヘアスタイル

お客様の髪質

いろんな条件で変わってきます。

まずはなりたいイメージを教えてくださいね。

一緒に一番キレイになれる

ヘアスタイルを考えましょう。

 

髪の毛の艶の虜になってしまった

私からも色んなアドバイスをさせていただきます。

髪の毛が艶々だと、こんなに嬉しいものだとは

最近まで思ってもいませんでした。

きっとみなさんも、艶々の髪の毛を手に入れたら

虜になってしまうと思います。