みなさん髪を洗った後ちゃんと乾かしていますか?

恥ずかしながら、私は自然乾燥…といえば聞こえはいいのですが

ただの面倒くさがりで、お風呂から上がって、寝るまでの間に

乾けばいいか~みたいな考えでいました。

しかし、それは髪の毛にとっていいことは何一つなかったのです。

無知、無関心、・・・怖いですね。

 

髪の毛は濡れると膨潤(膨らむこと)します。

シャンプーした時の水分を含んで膨潤しているので

重いですよね。

そして、濡れている状態の時はキューティクルが開いています。

このキューティクルが美しい髪に欠かせないのはご存知だとおもいますが、

濡れたまま自然乾燥してしまうとキューティクルがきちんと

そろわない状態で乾いてしまうことになり、艶がでにくくなりやすいです。

まして濡れたまま寝る、なんて荒業をしてしまうと

キューティクルが傷み、パサパサの艶のない髪になっていきます。

 

そして、濡れたままにしておくことによって

くせが出やすい、という困ったことが起きます。

髪の毛は水分が抜ける瞬間の形を記憶する性質をもっています。

濡れたままスポンジカーラーを巻いたり

三つ編みしたりして、次の日起きるとカールができてますよね。

あれは、まさに髪の毛の水分が抜ける瞬間の形を記憶する性質を

うまく利用した、即席パーマみたいなものです。

そして一度水分が抜ける瞬間に記憶した形は、

もう一度濡らさないともとに戻りません。

すぐに乾かさないでいると、くせのある人の髪の毛は

そのくせのまま記憶されてしまいます。

お風呂上りにすぐ乾かさないで、ちょっと乾いてしまってから

ドライヤーをかけるのもおすすめしません。

なぜなら、そのちょっとの間にも水分が少しずつ抜けていて

水分が抜けたところから、くせがついてしまうからです。

 

逆に言えば、水分が抜ける瞬間に自分の理想の形を記憶させればよいのです。

それが一般的にいう『ブロー』と言われる技術です。

もちろん私を含めみなさんは素人さんですので

プロの美容師さんのブローみたいには出来ませんが

手ぐしだけで乾かすよりも、スケルトンブラシのような

目の粗いブラシを使って乾かすだけでも

キューティクルが整うので

髪の毛の艶の出方が全然違います。

 

私の経験上、お風呂上りにきちんと乾かして

髪の毛の中の水分が完全に抜けきった状態までしておくと

寝ぐせはほとんどつきません。

 

ドライヤーできちんと乾かすことは美髪への

はじめの一歩です。