カラーした時はきれいでも、時間がたつとパサついてきませんか?

今は、ホームカラーでさえ艶々の仕上がりです。

なので、

美容室でキレイに仕上がるのは当たり前です。

 

言ってみれば、どこで染めても

それなりに艶々、キレイな仕上がりが

手に入る時代です。

その時は、ですが・・・。

 

だからこそ、

サロンカドルは

こだわりました。

 

ご自宅に帰ってからの

1か月、2ヶ月、、、

次にご来店いただくまでの間

出来るだけいい状態の髪の毛を

保っていただくにはどうしたらいいのか。

いろんな可能性の中から

探し出し、選んだものが

ACCトリートメントを使った

ACCカラーです。

 

ACCカラーにしてからの

お客様の評判は上々です。

とくに白髪染めで、毎月のように

染められる方の髪質の変化は私でも分かります。

 

そして、ACCカラーで染め始めてから

色もちがよくなってきたのは

データとしてきちんと残っています。

フルタッチとリタッチの割合が

変化してきたのです。

毎月のように白髪染めをされていた

お客様の、染め方のペースが

ACCカラーをする前は

フルタッチ→リタッチ→リタッチ→フルタッチ

くらいのペースだったのが

フルタッチ→リタッチ→リタッチ→リタッチ→リタッチ→フルタッチ

のように、リタッチの回数が増えています。

毛先の色抜けが緩やかになってきているのです。

これは、カルテを調べてみれば

一目瞭然でした。

 

そして、さらに昨年発売された

ACCトリートメントのホームケア用の

ACCフォームケア

通称 FC 

私は艶髪の麻薬と呼んでいます。

この、FCを自宅で使うと

ACCカラーの色もち、艶感が

パワーアップします。

髪質によっては

加齢による、くせがおさまってきてしまう

お客様もいらっしゃいました。

 

 

こちらのお客様のリターン時を比べてみますね

ACCフォームケアを使う前のリターン時

(カラーしてからおよそ2か月後です)

やはり少しパサつきを感じますね。

加齢による、ポワポワした細い髪の毛もちらほら見えます。

 

次にACCフォームケアで

ケアしていただくようになってからの

ビフォーアフターがこちらです。

左がカラーした直後で右が同じくおよそ2か月後の状態です。

 

 

 

 

2か月後の髪の毛の状態をじっくりご覧ください

撮影技術が未熟で、伝えきれないのがもどかしいのですが

手触り、肉眼で見たときの艶感

全てがパワーアップしてるんです。

それは、何よりもお客様ご自身が

一番感じていらっしゃいます。

 

こちらは、ハイライトの入った髪の毛に

ストパン縮毛矯正して

ダブルカラーして、その後さらに

ハイトーンカラーで染めた

私のダメージしまくりの髪の毛の

ビフォーアフターです。

左が2月に染めたときのもの

右が最近4月のものですね。

 

 

さすがに2ヶ月も経てば、これだけのハイトーンですので

色は抜けていますが、髪の毛の質感は

ほとんど劣化していないと思います。

こちらも大きい画像でじっくりとご覧ください。

すごくリスキーな施術が続いている髪の毛ですが

(しかもアラフィフ・加齢毛混じり)

髪年齢は若く見えますよね。

 

あと、参考までにこちらの画像もどうぞ。

根元と毛先の色がほとんど同じですよね。

毛先だけキンキンになることがないのも

ACCカラーの優れているところです。

 

 

最初にご紹介したお客様も、私も

一生懸命ブローをしているわけではありません。

夜、お風呂から上がって

ドライヤーできちんと、完全に乾かしてるだけです。

 

髪の毛を疎水性に保つ施術をして

お手入れを正しくしていただければ

髪年齢は若返らせることが可能です。

なぜなら、健康な子供の髪の毛は疎水性だから。

 

それを可能にしてくれるのが

サロンカドルおすすめのACCトリートメントです。

 

あなたも、艶髪の麻薬を手に入れて

髪年齢を若返らせましょう。

髪の毛が若返ると、見た目年齢は

今よりも、もっと若くなりますよ。

 

 

今なら艶髪の麻薬ACCトリートメントFCの

お試しセットプレゼント中です!

※ACCコースで初めてご来店いただく方対象