すっぴんとナチュラルメイク、似て非なるもの(お肌の場合)

女性が

「私、今日すっぴんだから~」

と、堂々と言える場合は

素肌に自信があるときだと思います。

私もかつてはそういう時代がありました。

もう随分と昔のことですが・・・。

 

女性にとって、素肌がきれいということは

それだけで、すごく価値のあることなんですよね。

 

限りなくすっぴんに近い

ナチュラルメイクが

多くの女性たちから支持されるのも

そういった理由からでしょう。

ファンデーションは素肌感覚の

軽いものが求められます。

けれども、シミ・クマ・シワなど

欠点はできれば目立たないものが欲しい。

女性の 美 へのこだわりには終わりがありません。

 

最近はお肌だけでなく

髪の毛に対する美意識が高くなってきている

そんな印象を受けます。

 

サロンカドルで人気のACCストパン縮毛矯正

まさに、髪の毛のナチュラルメイクといっていいでしょう。

縮毛矯正しているようには見えない

自然な艶のある髪の毛は

きちんとお手入れしていて

きっと、生活もきちんとしているんだろう

そんな

印象をあたえてくれます。

髪の毛の艶って

自分が思う以上に他人からの

第一印象に与える影響は大きいと思います。

 

髪の毛に艶がなくなってしまう原因が

カラーやパーマなど

美容室での薬剤を使った施術の影響からくる

ダメージである場合は

次からのカラーやパーマの薬剤を

髪の毛の状態に合わせて施術して

きちんと正しくお手入れをしてあげれば

徐々に髪の毛の状態を改善して

艶を取り戻すことは出来ます。

ダメージの度合いによっては時間が

かかることもありますが

根気よく続ければ

誰でも、艶のある髪の毛を取り戻せます。

 

けれども、艶のない原因が

髪の毛のクセ=ねじれの場合

その根本原因である

髪の毛のクセ=ねじれをどうにかしないと

髪の毛の艶は手に入りません。

 

ということで

今日のお客様施術例です。

予約時にはパーマをかけてみたい

とのことでしたが

カウンセリングしていくうちに

パーマよりストパン縮毛矯正のほうが

いいんじゃないかということで

メニュー変更です。

 

 

ご来店時の髪の毛の状態です。

少し縮毛が混じっていて髪の毛の量も多かったので

このままパーマをかけても

おそらくボリュームが出すぎてしまうんじゃないか

かと言って、毛量調節したら

艶のない髪の毛に、さらにパサつきがでてしまう可能性も。

 

やってみたいスタイルは

ゆるいウェーブヘアか、自然な内巻きミディアム

でしたが、カウンセリングの結果

毎日のお手入れにかけられる時間も考慮して

ストパン縮毛矯正に決定。

アレルギーをお持ちでしたので

カラーリングが出来ないというのも

ウェーブヘアを選択しなかった理由です。

ウェーブヘアって、日本人の黒髪のままだと

どうしても重く見えてしまいがちなんですよね。

フワフワっとしたウェーブヘアの良さは

やはり、カラーリングとセットで引き立つと思うのです。

 

そんなこんなで

やはりご新規のお客様の

カウンセリングには時間がかかります。

じっくりカウンセリングさせていただき

いざ、

仕上がりです。

 

 

ドライヤーでブワ~っと乾かすだけでOKです。

限りなくナチュラルな

何も手を入れてない自然なままの

THE 素髪 (すっぴん髪)

って感じじゃないですか?

 

本物の素髪ではありませんが

手をかけて作り込んだ

ナチュラルメイク素髪の出来上がりです。

 

でも、お肌のナチュラルメイクと違うのは

毎日時間をかけて作る必要はない

という点です。

それどころか、スタイリングやブローさえ

必要はありません。

何しろ、乾かすだけですから。

 

お肌の場合は

すっぴんとナチュラルメイクは

似て非なるもの、ですが

髪の毛の場合は

素髪とナチュラルメイク素髪は

見分けがつきません。

洗っても、落ちませんから。

 

艶のある髪の毛は

女性を笑顔にしてくれます。

みなさん、ご自分の髪の毛をさわって

自然と笑みがこぼれてしまうんですよね。

 

梅雨がやってくる

その前に

ナチュラルメイク素髪にしておくと

梅雨もストレスなく過ごせますよ。

 

まわりから

「髪の毛ツヤツヤだね~、何してるの?」

と聞かれたら

自信を持って、ドヤ顔で答えてください!

「え~なんにもしてないよ~。

ドライヤーでブワ~っと乾かすだけだよ。」と。

嘘は言ってませんよ。

あなたはドライヤーで乾かしているだけですから。