ハイライト・3Dカラーって知ってますか?

カラーをする時の技法のことなんですけど

白髪染めの方におすすめすると

すごく気に入っていただけるんです。

とくに明るい色を楽しみたい方には好評です。

 

最初にご紹介させていただくお客様です。

ホームカラーで、一度暗めの色を使ってしまい

(このお客様は、アドバイスを忠実に守っていただき

ホームカラーは伸びてきた部分だけを染めるリタッチで

染めてくださっていました。)

ムラになってしまったので

毛先の色に合わせて、明るめの色に

戻したいとのことでした。

ここで注意していただきたいのが

一度暗く染めたところはカラー剤では

明るくできない、ということ。

※参考記事→ カラーをするときの注意点

暗く染めたところは脱色剤を使って

色を抜かないと、明るく染められません。

かといって、こちらのお客様は

ストパン縮毛矯正をしてあるので

ダメージを考えると全体を脱色するのは

リスクがあります。

ということで、お顔まわりを中心に

ハイライトを入れていきます。

ムラになっているところを目で確かめながら

必要以上に脱色させる部分を作らないように

コントロールしながら入れていきます。

仕上がりがこちらです。

生え際のアップをご覧ください

ご自分で染めた暗い部分が

ローライトになって、ハイライトの部分は明るく

全体は毛先の明るさに合わせて染めたので

3Dカラーのような仕上がりになりました。

髪の毛へのダメージは最小限で

ご希望の明るさに染め上がりました。

 

 

次は3Dカラーの施術例のご紹介です。

3Dカラーとは

ベースの色を基準として全体を染めながら

ベースの色より暗い色、明るい色を

スライシングしながら染めることによって

3色のカラーが入り、ヘアスタイルが立体的に

見えるようになる技法です。

さらに、3色の色が入ることで

生え際の新しく生えてきた白髪や

地毛の黒髪をぼかす効果もあるので

伸びてきた時のコントラストがぼけて

気になりにくい、という利点もあります。

 

 

 

 

 

 

こちらのお客様は迫力満点ロングヘアーの3Dカラー

 

※このウェーブはアイロンで巻いて仕上げてます。

巻かない状態だとこんな感じです

撮影技術がつたなくて

色がわかりにくい画像ですみません。

ただ、このくらいの画像でハッキリわかるくらいの

3Dカラーだと、実際に肉眼で見たときは

派手になり過ぎて、一歩間違うと品がなくなってしまうので

このくらいがちょうどよい塩梅なのです。

 

もう一つおまけで毛先のニュアンス画像です

 

 

明るく染めてみたいけど

いきなり明るくするのに

抵抗がある方には

すご~く控えめにハイライトを入れて

ほんのりと明るさを感じるカラーに

 

 

いかがでしたでしょうか?

美容室だからこそできる

カラーリング、楽しんでみませんか?