おしゃれ染めと白髪染めの違いって?

みなさんおしゃれ染めと白髪染めの違いは

何だと思いますか?

当然おしゃれ染めで白髪は染まりません。

 

一番の違いは

白髪染めの方が

濃く染まる=しっかり染まる=色もちがよい

ってことでしょうか。

白髪をしっかり染めるために

ブラウンの色素がたくさん配合してあるんです。

なので、白髪がない方でも

暗めのトーンの色をご希望の方には

白髪染めのカラー剤を混ぜて使うことがあります。

その方がよりしっかり染まるし、長持ちするんですね。

 

ただし、例えばベージュブラウンという

色で染めようとしたときに

おしゃれ染めの場合だとブラウンの色素が少なく

色素の邪魔をしないので発色がクリアで

透明感のある仕上がりになります。

しかし、これが白髪染めの場合だと

ブラウンの色素がたくさん配合してあるので

発色が濁る=透明感に欠ける仕上がりになります。

同じベージュブラウンでも仕上がりは違ってきます。

この違いが

白髪染めは明るく染められないといわれる

所以ではないでしょうか。

透明感がないと暗く感じてしまうものです。

 

おしゃれ染めでも白髪染めでも

しっかり染まって、長持ちするのは

断然ブラウン系の色ですね。

 

白髪を明るいブラウンに染めるのは

意外と簡単です。

難しいのはナチュラルなブラウンではなく

ちょっとおしゃれに流行色も取り入れたい

となった場合でしょうか。

とくに昨年流行した

グレージュ・ブルージュなど

寒色系のカラーは難しいです。

寒色系のカラーは

なるべくメラニン色素を抜いて

地毛の色素を少なくしないと

透明感が出ないんです。

 

ここで先ほどお話した

白髪染めは

ブラウン色素が多めに入ることになる

にもどって話を続けます。

白髪染めで寒色系の色を発色させるのは

せっかく地毛のメラニン色素を抜いて

明るくして透明感を出そうとしても

結局そこに白髪染めを塗ると

多めに入っているブラウン色素が邪魔をしてしまうので

透明感を出すのが難しいのです。

 

じゃあどうすればいいの?

白髪が増えてきたら

おしゃれな流行色に染めるのは無理なの?

 

ご安心ください。

サロンカドルでオーダーされるときは

おしゃれ染め、白髪染めの違いにこだわらず

とりあえずどんな色にしてみたいか

おっしゃってください。

そのうえで、あなたのご希望を可能な限り

実現できるようにオーナーが考えますので。

カウンセリングにしっかりと時間をかけて

十分に納得していただいてから

施術に入らせていただきます。

 

きっとあなたのお気に入りの色に出会えるはずです。