カットが1か月に1回から3か月に1回になったんです

こんにちは。

瑞江美容室サロンカドルです。

 

1月からドライカットをメニューに

取り入れてからずいぶん経ちました。

ニューヨークドライカットの技法や

仕上がりに惚れ込んでしまった

勢いのまま始めてしまいましたが

最初はコストも時間もかかるし

お客様への認知度もないし

需要があるんだろうか・・・

お客様は来て下さるだろうか・・・

との不安もありましたが

私の想像していた以上に

ドライカットをご希望して下さる

お客様が多くて、びっくりしています。

 

 

先日は

ニューヨークドライカットの魅力に

とりつかれてしまい

8年間ずっと、電車で遠くの美容室まで

通われていた方がご来店してくださいました。

3か月に1回とはいえ

遠くまで通うのが大変になり

ネットでドライカットをやっている

お店を探していたんだそうです。

まさか、自宅のすぐ近くに

見つけることが出来るなんて

思っていらっしゃらなかったそうです。

 

8年前

ドライカットでカットする前は

くせが少し混じっているので

削いだりすいたりしてもらっていたそうですが

1か月で重く感じて

マメにカットに行かれていたそうです。

それが

ニューヨークドライカットで

カットしてもらうようになってからは

削いだり、すいたりしないのに

3か月もカットがもつようになって

くせもおさまってきたそうです。

それから8年間、ずっとドライカットで

ヘアスタイルを保っていらっしゃったそうです。

 

ニューヨークドライカットを

熟知されているお客様でしたので

ついつい、カット談議に話が咲いてしまいました。

長いこと通われていた遠くの美容師さんも

8年前NYDCを始めたばかりの頃は

やはり時間がかかっていたそうです。

バッサリスタイルチェンジの時などは

4時間近くかかったこともあったとのこと。

そんなお話を伺っていると

NYDCを追求している美容師さんの

姿が浮かんできて

会ったこともないのに

嬉しくなってきてしまいました。

苦しい思いを積み重ねた

その先に

お客様の笑顔があるんだろうな、と。

 

ご来店時の状態です

3か月経っているのにヘアスタイルとして成り立っていますね。
が、横から見た感じが重くなってき始めているので(襟足から後頭部の部分)
今がカットしどきでしょう。

 

 

仕上がりです。ACCカラーも施術させていただきました。

 

もともと、とても綺麗な髪の毛のお客様でしたが

毛先のパサつきがほんの少し気になる状態でした。

ACCカラーで、パサつきや手触りも改善されて

毛先までしっかり艶が出ました。

 

 

お客様曰く

「最初、NYDCをすすめられた時は

コストも時間もかかるし、エッ?と思ったけど

試しにやってみたら、

もう普通のカットにはもどれなくなっちゃって。

くせのおさまりがいいし

削いだり、すいてないのに

かるく感じるんですよね。

それに毎月カットしてたのが

3か月に1回ですむようになって

結局コストもお高くはないのよね」

 

あぁ、もう

私がふだん感じていて

お客様にお伝えしたいこと

全て言われてしまいました。

 

なにはともあれ

ドライカットの価値をご存知の方が

こんな近くにいらしゃって

サロンカドルを見つけてくださったご縁を

嬉しく思います。

 

今までの普通のカットで、とくにお困りのことがない方には

ドライカットの良さが伝わりにくいかも知れませんが

それでも、一度ドライカットを試していただきたいです。

カットの世界はとても奥深い世界ですよ。